2007年08月28日

競艇SGのモーターボート記念開幕!

いよいよ本日、競艇SGのモーターボート記念が開幕します。

今回のモーターボート記念も、前回のオーシャンカップと同様にナイター開催です。
愛知県の蒲郡競艇場で行われます。

モーターボート記念の選出基準が、全競艇場(蒲郡競艇場を除く23場)の推薦選手が出場するとあって、競艇場対抗レースと言っても過言ではありません。

その中で今回最も注目する選手は、阿波勝哉選手。
東京の江戸川競艇場代表の彼は、競艇ファンなら知らない人はいないアウト屋。
アウト屋というのは全レース6コースから戦う選手のことです。

awa.bmp

競艇は、圧倒的にインコースが有利にできているのです。
外側になればなるほど内側の選手が邪魔になったり、内側の選手の引き波にあったりで不利なのです。

なのにあえての6コース。
かっこよすぎですぴかぴか(新しい)

SGに出場するためには、A1選手でなければなりません。
競艇では、A1、A2、B1、B2の4クラスに選手が分けられています。
その上位わずかな選手だけがA1選手になれるのです。
全レース6コースから戦ってその上位に入っているなんて凄すぎですexclamation×2

そして、阿波勝哉選手といえばチルト3度。
チルトとは簡単に言えば艇の水面に対する角度のようなもので、チルト3度が最大で、一番水面との接地面が少ないのです。
そのため、伸びが良くなる一方、操縦がものすごく難しくなるという欠点もあるのです。
ほとんどの選手がチルトは0度か-0.5度。
その中で阿波勝哉選手は3度(競艇場によって変わります)。
勝負師です。

競艇場によってチルトの幅が決まっているのですが、最大で-0.5度から3度の間です。
蒲郡競艇場は、今大会までチルト3度はありませんでした。
が、阿波勝哉選手が出場するということで今回から最大チルトを3度まで上げたのです。

蒲郡競艇場は競艇ファンの気持ちがよくわかってますわーい(嬉しい顔)

それから中野次郎選手を忘れてはいけません。
相変わらずのF2持ちですが、A1落ちをしないためにも頑張ってもらいたいです。

とにもかくにもいよいよ始まるモーターボート記念。
楽しみでするんるん


banner2.gif
ポチッとお願いします黒ハート
posted by おでぶ at 12:57 | Comment(0) | TrackBack(1) | 競艇
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

チルト 競艇
Excerpt: 競艇SGのモーターボート記念開幕!競艇では、A1、A2、B1、B2の4クラスに選手が分けられています。 その上位わずかな選手だけがA1選手になれるのです。 全レース6コースから戦ってその上位に入ってい..
Weblog: 競艇
Tracked: 2007-09-08 14:53
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。